記事カテゴリー

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 155

日曜日、早朝からタケオ州に行ってきました。

今週は、シェムリアップから400㎞の道を帰ってきたばかり。

タケオ州までは、わずか80㎞ほどですから、ちょっと行ってくるくらいの感覚です。

以前に訪問した ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 003

先日、コンポントムの帰り道、昼食がてらに、「Tek Chha Tourism Site」で昼食を取りました。

場所は、6号線を走り、スクンの20㎞ほど手前を左に入っていったところにあります。

ここは、旅行者はな ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 131

カンポットのドリアンラウンドアバウトから、約13㎞ほどの距離に、Phnom Chhngorkという洞窟にある寺院があります。

途中の道は、手つかずの自然道。雨季には、ぬかるみに注意です。

大型車両の後ろでは、土 ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 079

この寺院は、バッタンバンの中心から、サンカー沿いに北上した後、東へ進むと右手に現れます。距離は、15 kmほどです。

バッタンバンのバセット寺院は、ジャヤヴァルマン1世(1002〜1050年)の時代に建てられたヒンズー教の ...

カンボジアの生活

Thumbnail of post image 007

観光が主要産業であるカンボジアでは、外国人のお客さんたちの存在がとても大切。

1年前と現在のアンコールワットの様子です。

現在の浮き橋上の人の少ないこと。

その理由は、外国からの入国が制限されている ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 004

メコン川流域は、早くから文明が起こった地域です。

この地域の中でも、カンボジア南部(越南)は元はクメール王国の領地でした。

強大な権力を象徴するクメール王国の寺院Phnom daはタケオ州のAnchor bor ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 053

シェムリアップから、ナショナルロード6号線を車で1時間15分ほどプノンペンに向かって進むとコンポンクデイという町があります。

ここにあるのが、コンポンクデイの古代橋です。

この橋は、アンコール王朝ジャヤバルマン ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 110

アンコール遺跡の中に、巨大な池のような場所があります。

名前は、「スラスラン」。

王の沐浴池で The royal bathing poolとも訳されています。

大きさは、東西 に700メートル、南 ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 045

プノンペン観光では、ほとんど知られていない場所をご紹介します。

「Phnom Reap Monastery」という仏教寺院です。

市内からは30kmほどで、車では1時間ほど走ります。

特徴は、通常の ...

カンボジアの歴史

Thumbnail of post image 044

ウドンは、1618年~1866年まで、カンボジアの首都として栄えた古都です。

日本のうどんは、この街の名物の麺類を日本人が持ち帰って広めたことから、付けられた名前だとも言われていて、興味深いですね。

プノンペン ...