雨季の晴れた午後の風景

こちらは、プレイボン小学校校舎の裏手の隅っこ。

昨日の大雨で、学校横の水路が増水していました。

授業の開始を待っていた別のクラスの子どもたち。

担当のメイ先生がどうもお休みのようです。

全身濡れることがこんなにも気持ちいいのは、日射が強烈なカンボジアならではのこと。

こんな時に、子供たちの巣のままの表情が見られます。

普段あまり笑わない子も・・・、大はしゃぎ。

泥で多少濁ってはいますが、水は澄んでいますね。

服は濡れても、おそらく30分もしたらすぐに乾いてしまいます。

子どもたち、飛び込みを始めました。

まあ、どの国でも一緒ですね。

わたしも、このくらいの年頃には、同じことをよくやっていたものです。

結構高く飛び跳ねるものです。

決定的な写真。

小さな学齢の子どもたちは、小屋でおしゃべり。

この学校は、スクールフェンスの建設資金が足りていません。

裏手のほうは、見てのとおりの木製の鉄条網。

カンボジアの雨季も案外いいものです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう