ローカルショップでのコミュニケーション

こちらのお姉さん。

学校に行く道中のローカルショップのお姉さん。

私が、店の前を通るたびに顔を合わせて微笑み合っているうちに、時々ここに立ち寄るようになりました。

ところが、この女の子、全く英語が通じません。

ですから、私からのクメール語でのアプローチがとても重要。

「ソム チョン モイ」

物を買うときには、指さししながらこれでOK。

ところが、通常のタックドン(ココナッツ水)の前にこんなのが釣る下がっているではありませんか。

何に使うのか聞いてみたところ、彼女は頭を指差ししながら、ゼスチャーをするではありませんか。

「Oh Kbal Chu」(ああ、頭痛薬のことか。)」

と理解できました。

その時、バイクでやってきたおばちゃんが一つお買い上げしていきました。

一つ、4,000リエル。

乾燥させているだけに通常よりも軽く、少しだけ中に液体が入っています。

鍋に入れて煎じて飲むと、頭痛に聞くのだそうです。

ふむむ、カンボジアの地方部では、こんな薬の作り方があるんだ。

と、感心しきり。

良く働くお姉ちゃん、まだ20歳です。

今度、街に遊びにおいでと言ったら、はにかみながら微笑む彼女。

何かを通して、心がつながる。

異国人同士のコミュニケーションとは、そういうものでありたいです。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたの心が愛で満たされますように、オークン

日本にいながらできるご支援はこちら

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう