元インターンの帰国後の活動報告会

2023年8月に、ボンクナー小学校で英語の指導を担当したSさんが、日本で報告会を行いました。

Sさんの活動ブログはこちら。

実は、Sさんは、英語の授業だけではなく、小学校高学年の女子生徒対象に、保健の授業を2校で行いました。

なぜなら、Sさんは、現職の養護教諭だからなんです。

①プレイトム小学校での保健授業

②プレイボン小学校での保健授業

両校とも、子どもたちの真剣なまなざしが、とても印象的です。

事前に、私が生理用品を100個ほど、

「学校の指導で使用するので・・・。」

といいながら、市場に買いに行きましたが、ちょっと恥ずかしかったです。

また、イラスト教材は、Sさんが自身で書いてくださったもの。そして、サブテキストは、現地NGOのACEさんから提供されました。授業は、現場のベテランの女性の先生に行っていただきました。

これを考えても、この授業は、多くの方々の協力によって成り立ったものだと改めて感じました。

授業のお疲れさん会は、焼き肉で。JICA隊員さんたちと。この場にいる全員が学校教師で、教育談話に花が咲きました。

明るく笑顔の絶えないSさんは、お話をしていてとても楽しかったです。

ボンクナーの子どもたちも自然に彼女の周りに集まってきます。

お忙しい中ゆえ、短期滞在でしたが、カンボジアで大きな実践を行って帰られました。

冒頭の写真の生徒たちは、全員中学校に進級しました。

帰国後も、カンボジアでの活動を発信してくださり、感謝いたします。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

本記事が役立ったと思う方、ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

ただいま、随時開催のビッグなスタディツアーへの参加者(定員8名)を募集中です。

下の広告や写真をワンクリックでするだけで、子供たちへの支援につながります。

なお、記事の拡散・シェア、大歓迎です。


にほんブログ村

今日もあなたの心が愛で満たされますように、オークン

貧困家庭の子どもたちへのご支援はこちら

スクールサポートのご支援はこちら

⇩ メールアドレスをご登録いただくと、新着記事のお知らせがメールで届きますので、最新の記事をすぐにお読みいただけます。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう