スバイリエン州Rumdoul地区の4校への図書支援を完了

2020年6月23日

続いて、Chhrong Por Pel Primary Schoolに来ました。

校舎のつくりは、どこも同じですね。

飲料水は、井戸水をろ過して利用しています。

この学校は、電気が通っていました。パソコンのプリンターが配置されていました。

授業中でも、顔をひょいと見せると起立して、礼をしてくれます。子どもたちは、そのように、指導されているのでしょう。

小1のクラスです。手を振ると、返してくれます。

最後に、Sang Kai Primary Schoolを訪問しました。

この学校は、一番最後に訪問したので、子どもたちがすでに熱心に読書をしていました。

図書室がありました。

いい姿勢で本を読んでいます。

いい子たちであることは、読書への取り組み方を見ていて一目でわかります。

背筋を伸ばして、本を立てて読んでいる子が多かったです。

子どもの言語活動が行われている様子がわかります。

そして、心も豊かになっていきます。

本は、知識と知恵を与え、心を豊かにしてくれます。

読書している姿を見る時が、私には至福の時です。

先生方のご指導も行き届いています。

5年生の皆さんと記念撮影をしました。

Saravuth先生です。

この学校に来て2年たちますが、昨年、先生がこの図書室を作ったそうです。

読書指導に関心の高い先生で、今回の図書寄贈を大変喜んでくださりました。

こういう熱心な先生に出会うたびに、カンボジアの教育はもっとよくなると感じます。

彼が作った図書室です。

これから、この4校の子どもたちが、たくさん本を読んで、心を豊かにしてくれることを願ってやみません。

活動をまとめたビデオをご覧ください。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングにご協力いただけたら幸いです。

写真をワンクリックですることで、子供たちへの支援につながります。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

今日もあなたに素晴らしい一日が訪れますように、オークン

学校支援の現場をご覧になりたい方はこちらへ

スマイルサポートツアーについて知りたい方はこちらへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう